Amazonギフト券の現金化がバレたらどうなるの?バレない方法はある?

現金化がバレたらどうなるの?

現金化で最も一般的で使いやすい「Amazonギフト券」ですが、簡単だからといって安易にやるのではなく、リスクについても把握しなければなりません。

例えば、クレジットカードを使ったAmazonギフト券の現金化は規約違反となり、カード会社にバレると利用停止や強制解約といった措置が取られるでしょう。

Amazonギフト券で現金化をするときは、バレたときのリスクをしっかり把握した上で、万全の対策をとってください。

そこで今回はAmazonギフト券の現金化がバレたらどうなるのか、バレない方法はあるのかについて解説していきます。

Amazonギフト券の現金化がバレたらどうなるの?

Amazonギフト券の現金化がバレたらどうなるの?

Amazonギフト券の現金化がバレた場合に生じるリスクとしては、以下の8点が挙げられます。

  • Amazonアカウントの凍結
  • Amazonギフト券やポイント残高は没収
  • Amazonで注文中の商品はキャンセルされる
  • Amazon関連サービスの利用も停止される
  • クレジットカードの利用停止・強制解約
  • クレジットカードの利用額が一括で請求される
  • 信用情報に傷がつく
  • キャリア決済でAmazonギフト券を現金化した場合も解約リスクがある

バレたときのリスクはこれほど多いので、安易に行うのではなく、慎重にならなければなりません。

Amazonアカウントの凍結

Amazonでは、購入したAmazonギフト券を売却して現金化をするのを利用規約によって禁止しています。

そのため、Amazonギフト券の現金化がAmazonに発覚すると、アカウントが凍結されて利用ができなくなるでしょう。

Amazonでの買い物はもちろんできませんし、そもそもログイン自体もできなくなります。

Amazonギフト券やポイント残高は没収

Amazonアカウントが凍結されると、アカウント内で所有していたギフト券やポイントの残高も全て無効になってしまいます。

場合によっては、かなりの金額になる可能性もあるので注意しなければなりません。

Amazonギフト券で現金化するときは、ギフト券やポイントが残っていないかを確認してください。

Amazonで注文中の商品はキャンセルされる

Amazonアカウントの凍結によって、その時点で注文をしている商品も全てキャンセル扱いとなってしまいます。

必要なものをAmazonで購入したのに、アカウント凍結で届かないといった事態になると大変です。

Amazon関連サービスの利用も停止される

Amazonアカウントが凍結されるということは、そのアカウントに関連したAmazonサービスの利用もできなくなるということです。

例えば、Amazonプライムビデオで配信されている動画は視聴できなくなりますし、レンタル・購入した動画も見られません。

Amazon Kindleで購入した漫画や書籍も閲覧できなくなるため、Amazon関連のサービスを多用している人にとって、大きな痛手となる可能性が高いです。

クレジットカードの利用停止・強制解約

クレジットカード会社でも、カードのショッピング枠を利用した現金化行為は利用規約によって禁止されています。

そのため、クレジットカードで購入したAmazonギフト券の現金化がカード会社にバレると、利用停止や強制解約といった措置が取られるでしょう。

カードが利用できなくなるだけでなく、カードの利用で貯めていたポイントも無効になってしまいます。

クレジットカードの利用額が一括で請求される

クレジットカード会社に現金化がバレて強制解約になった場合、その時点で利用している残高が一括で請求されてしまいます。

現金化で利用した金額だけでなく、日常生活内で利用した分やリボ払い・分割払いで購入した分も一括請求されるでしょう。

金銭的負担が一気に来てしまうため、クレジットカードを使ったAmazonギフト券の現金化は注意しなければなりません。

信用情報に傷がつく

クレジットカードが強制解約になると信用情報に傷がついてしまいます。

信用情報はクレジットカードの発行やローンを組む際の審査に使われるもので、強制解約の履歴が残ってしまうと、審査に落ちやすくなるでしょう。

信用情報は3〜5年の間、保存されるためカードの強制解約によって、長期的な影響を及ぼしてしまいます。

キャリア決済でAmazonギフト券を現金化した場合も解約リスクがある

2021年2月時点でAmazonギフト券をキャリア決済で購入することはできませんが、プリペイドカードを間に挟むことで間接的に購入することは可能です。

ただし、携帯会社でもAmazonギフト券の現金化が発覚すると、利用停止といった措置が取られてしまいます。

スマホが使えなくなると非常に困るので、キャリア決済によるAmazonギフト券の現金化は控えた方がいいでしょう。

Amazonギフト券の現金化がバレない方法はある?

Amazonギフト券の現金化がバレない方法はある?

Amazonギフト券の現金化には、さまざまなリスクがありますが、リスクを把握した上でバレないような工夫をすれば安全に行うこともできます。

例えば、以下のような方法を用いることで、現金化の発覚リスクを最小限に抑えることができるでしょう。

  • 高額なAmazonギフト券を購入すると疑われやすい
  • 短期間に繰り返し現金化しない
  • Amazonギフト券は「Eメールタイプで購入する」
  • Amazonギフト券を購入した理由を考えておく
  • Amazonアカウントと同一情報のカードを使用する
  • 「20,000円」「40,000円」といったキリの良い数字で購入しない
  • 支払いの滞納や遅延をしない
  • 買取がバレない安全な業者を選ぶ

数が多いですが、バレたときのリスクが大きい分、相応の対策をしなければなりません。

高額なAmazonギフト券を購入すると疑われやすい

カード会社はAmazonギフト券をただ購入しただけで現金化を疑うのではありません。

あくまで不自然な利用履歴に対して、不正利用を防止するためにチェックを行います。

そのため、普段のカード利用とは異なる高額な利用明細が残ってしまうと、カード会社に疑われやすくなるでしょう。

Amazonギフト券を現金化するときは、一度に高額なギフト券を購入するのは控えてください。

短期間に繰り返し現金化しない

「短期間に同じ商品を何度も購入する」というのも、カード会社は不自然な利用履歴としてチェックを行います。

特に、Amazonギフト券による現金化は頻繁に起きているため、カード会社もより警戒を強めてくるでしょう。

同じ月に何度もAmazonギフト券を現金化していると、カード会社にバレてしまうかもしれません。

そのため、Amazonギフト券の現金化は間隔を空けて行うのが無難です。

Amazonギフト券は「Eメールタイプで購入する」

Amazonギフト券には、さまざまな種類がありますが、現金化をするのであれば「Eメールタイプ」がおすすめです。

理由としては、「Eメールタイプがクレジットカードでしか購入できない」からというのが挙げられます。

その他のAmazonギフト券はクレジットカード以外でも購入が可能なので、カード決済をすると「なぜカードを使ったの?」という視点から疑われやすくなります。

Eメールタイプならクレジットカードでしか購入できないので、カードを使っても何ら不自然には見えないでしょう。

Amazonギフト券を購入した理由を考えておく

Amazonギフト券を現金化してから、カード会社から連絡が来るケースも考えられます。

その際には、現金化したことを口外するのではなく、事前に考えた自然な理由を伝えてその場を凌いでください。

例えば、「友人の結婚祝いにAmazonギフト券を送る」「誕生日プレゼントにAmazonギフト券を送る」「ポイント還元がお得だったから買った」などが考えられます。

不自然な理由でなければカード会社もそこまで追求することはできないでしょう。

Amazonギフト券を現金化する際には、自然な購入理由を事前に考えてください。

Amazonアカウントと同一情報のカードを使用する

Amazonアカウントに登録している情報と、クレジットカードの情報が異なるとカード会社から疑われやすくなってしまいます。

Amazonで行われたカード決済に対して、決済が行われたAmazonアカウントの登録情報がカード会社に送信されます。

そこで、Amazonアカウントとクレジットカードの登録情報が異なると、不正利用の疑いが生じて、現金化がバレてしまうかもしれません。

そのため、住所や電話番号などの個人情報は、Amazonアカウントとクレジットカードで揃えておくようにしてください。

「20,000円」「40,000円」といったキリの良い数字で購入しない

Amazonギフト券を現金化しようと思ったら「20,000円」や「40,000円」といったキリの良い金額で購入しようとするものですが、逆にそれがカード会社に怪しまれる原因となってしまいます。

Amazonギフト券は金額を指定して購入ができるので、例えば「19,965円」や「20,374円」といった中途半端な金額にすれば、何らかの商品を買うように見えます。

支払いの滞納や遅延をしない

現金化がカード会社にバレないために、普段の利用から支払いの滞納や遅延に気をつけておきましょう。

支払い遅延や滞納があると「お金に困っている人」と判断され、現金化への警戒が強まってしまいます。

そのため、クレジットカードをいかに健全に利用するかが、現金化がバレないために重要です。

買取がバレない安全な業者を選ぶ

Amazonギフト券の現金化は、購入したギフト券を買取業者に売却して現金を得る仕組みになっています。

優良業者を選ぶことで、現金化の発覚リスクを抑えることができます。

悪質な業者に当たってしまうと、売却した金額が振り込まれない上に、現金化が発覚するといった事態に陥る可能性もあります。

運営会社の情報や口コミなどをよく調べて、安全な買取業者を選ぶようにしてください。

まとめ

Amazonギフト券の現金化はとても簡単で誰でもできる方法な一方で、カード会社やAmazon側も警戒を強めています。

安易に現金化をしてしまうと、さまざまなリスクが生じるので、バレないための対策を理解してから行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です