アマゾンギフト券買取は匿名でも利用できる?匿名で現金化・換金する方法はあるの?

アマゾンギフト券買取は匿名でも利用できる?

匿名でAmazonギフト券を現金化したいと考える人もいるでしょう。

アマゾンギフト券は買取業者に依頼すれば現金に交換できますが、買取の際に詐欺行為がおこなわれることも稀ではありません。

個人情報を守るためには匿名で買い取って欲しいと考えるのはもっともなことでしょう。

匿名でAmazonギフト券を買い取ってもらうのは困難ですが、方法がないわけではありません。

この記事ではアマゾンギフト券の買取サービスを匿名で利用するのが難しい理由を解説し、それでも匿名で現金化したい場合の対策を紹介します。

アマゾンギフト券の買取には身分証明書が必要

アマゾンギフト券の買取を業者に依頼するときには身分証明書が必要になります。

匿名で利用したいと思っても難しいのではないかと思う理由は本人確認がおこなわれるからに他なりません。

なぜAmazonギフト券を買い取ってもらうときには身分証明書が必要になるのかを確認しておきましょう。

アマゾンギフト券の買取は匿名で利用できない理由は?

Amazonギフト券を匿名で買い取ってもらえない理由は法律による定めがあるからです。

業者がアマゾンギフト券などの金券を含む商品の買取をするときには本人確認をする義務があります。

この義務に関連しているのが古物営業法と犯罪収益移転防止法です。

この二つの法律による厳しい定めによってアマゾンギフト券を業者に買い取ってもらうには身分証明書の提示が必須になっています。

古物営業法とは?

古物営業法とは中古品の売買を業としておこなう際に遵守しなければならない法律で、盗品等の売買を防止する目的で定められています。

古物営業法では利用者が窃盗した商品を買い取ってしまったとしても迅速に対応して被害への措置を取れるようにするためのルールを決めています。

利用者の本人確認を実施して古物台帳に記録して一定期間の保管をするというものです。

公的に有効な本人確認書類のコピーを保管し、万が一、盗品などを買い取ってトラブルが発生したときにはすぐに対応できるようにしています。

また、古物営業法によってアマゾンギフト券などの古物を売買する際には業者が許可を取得することも求められています。

利用者がわかりやすい形で許可番号を表示し、古物商許可を得ていることを明示しなければなりません。

不正な買い取りをして犯罪行為を促進してしまう業者を取り締まる目的で許可制が敷かれています。

犯罪収益移転防止法(GK法)とは?

犯罪収益移転防止法は資金洗浄やテロに関わるような資金の供与に対策するための規制をおこなっている法律です。

金融機関などにおける取引では本人確認を実施し、取引内容を記録して保存することが求められています。

2003年の改定以降、金融機関だけでなく不動産・貴金属・宝石等取扱業者なども規制対象となり、対象業種が拡大されてきています。

2016年の改正では本人確認の際に顔写真付きの公的書類を用いることを原則とし、顔写真のない本人確認書類を用いる場合には追加的な確認措置が求められるようになっています。

追加的な措置としては公共料金の領収書の提示や、取引関係書類の転送不要郵便での送付が挙げられています。

犯罪収益移転防止法では古物商許可のように許可制を敷いているわけではありませんが、同法で定められている業種の場合には遵守しなければなりません。

古物の売買をおこなっている業者も該当するため、本人確認や取引記録の保管が必須になっています。

利用する際に必要になるもの

古物営業法と犯罪収益移転防止法の規制内容からわかるように、アマゾンギフト券を買い取る際には業者は本人確認を正しく実施して記録を作成しなければなりません。

本人確認では原則として顔写真付きの公的な身分証明書を使用することが必要です。利用可能な身分証明書は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 写真付きの公的資格の免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 写真付きの住民基本台帳カード
  • 写真付きの学生証
  • 在留カード
  • 各種健康保険証被保険者証

顔写真が付いていない証明書の場合には以下のような補助書類が求められます。

  • 電気、ガス、水道などの公共料金の領収書
  • 電話料金やインターネット料金、NHK放送受信料などの領収書
  • 納税証明書や印鑑証明書などの公的印刷物
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し

ここに挙げたのは代表例であり、業者によっては受け付けていない身分証もあります。詳しくは利用したい買取業者ごとに確認することが必要です。

未成年者は買取ができないので注意

未成年者は古物営業法に加えて青少年保護育成条例によって買取サービスを利用することが制限されています。

未成年の場合には本人確認書類を用意しただけではAmazonギフト券を買い取ってもらえないので注意が必要です。

成年者とは違って未成年者は自分自身で正しい判断ができる力が一人前に備わっていないと法的には考えられています。

他人の物を盗んで売ろうとしたり、自宅にあるものをこっそり買い取ってもらおうとしたりする可能性がないわけではありません。

また、悪徳業者の口車に乗せられて犯罪行為をさせられてしまうリスクもあります。

そのため、アマゾンギフト券に限らず、買取サービスを利用するには保護者や親権者の同意書を用意することが必要です。

業者によっては買い取りの際に保護者に直接電話確認を取ることもあります。

身分証明が必要ない業者には注意

身分証明書の提示が不要としている買取業者も世の中にはあります。

しかし、古物営業法などの内容からわかるように、古物の買取をするためには利用者の本人確認を実施しなければなりません。

つまり、本人確認が不要としている場合には法律を遵守していないことになります。

古物営業許可も取っていない不正業者と考えられるため、利用するのは危険です。

アマゾンギフト券買取の優良業者なら必ず本人確認を実施しています。

写真付きの書類でなくても良い、補助書類が必要ないというのも危険性があります。

身分証明の必要がないと簡単に利用できるのは確かですが、詐欺の被害に遭うリスクもあるので利用は避けましょう。

アマゾンギフト券買取業者の個人情報の取り扱いについて

本人確認書類には個人情報が含まれているため、アマゾンギフト券を買い取ってもらうときにむやみに提示したくないと思うのももっともなことです。

個人情報が漏洩して不正利用されてしまうと甚大な被害を受ける可能性もあります。

ただ、法律によって義務化されていることから、アマゾンギフト券の換金を業者に依頼するときには身分証明書のコピーを保管することを承諾しなければなりません。

優良業者ならプライバシーポリシーを定めて安全な管理をしていることを示しています。

許可なく第三者への開示をしないことや、漏洩リスクを下げるための努力をすることを明記しているのが一般的です。

プライバシーポリシーを定めて明示している業者なら安心して利用できます。

リスクを最小限にするためにも内容を詳しく確認してから申し込むのが大切です。

どうしても匿名で買取したい場合は

匿名でアマゾンギフト券を換金したいけれど、やはり匿名で買い取ってもらうことにこだわりたい人もいるでしょう。

法律を遵守している優良業者では本人確認を徹底しておこなうため、匿名で買い取ってもらうことは不可能です。

本人確認を不要としている場合には悪徳業者と考えられるので危険です。

しかし、古物営業法や犯罪収益移転防止法は業者に対して規制を設けているものであって、個人間取引について厳しく規定しているわけではありません。

どうしても匿名でAmazonギフト券を買い取ってもらいたいなら以下の方法を検討してみましょう。

知り合いや知人に売る

Amazonギフト券はアマゾンを普段から使用している人にとっては現金とほとんど等価なものです。

知り合いにアマゾンユーザーがいないかどうか探してAmazonギフト券を買い取ってくれないかと相談してみましょう。

自分がAmazonギフト券を売って現金を手に入れたいと思っていることを知られても問題ないような知り合いの中にAmazonの利用者がいたら魅力的な候補です。

アマゾンで買い物をしたり、アマゾンの定額サービスなどを利用していたりする人なら、Amazonギフト券を額面よりも少し安く買えるだけで喜んでくれるでしょう。

家族のように親しい間柄の人であれば額面通りの金額で買い取ってくれる可能性もあります。

間柄によってはいくらで買い取ってもらうかをきちんと相談しなければならない場合もありますが、アマゾンユーザーだったらきっと買い取ってもらえるので交渉してみましょう。

実際に買取を利用してる人に頼んでみる

Amazonギフト券の買取を利用した経験がある人や普段から使っている人が知り合いにいれば、自分の持っているアマゾンギフト券の買取を申し込んでもらえないか頼んでみる方法もあります。

買取サイトを利用してAmazonギフト券を売るときには自分自身で手続きをしなくても問題はありません。

Amazonギフト券を渡して買い取り代金を渡してもらえば良いだけです。

代理でおこなってもらえれば自分自身は身分証の提示をする必要はありません。

実際に利用している人ならもともと匿名でなくても気にしないでしょう。

買取手続きの手間はかかるので交渉が必要になる可能性はありますが、家族や親しい友人なら対応してくれる可能性が十分にあります。

アマゾンギフト券を匿名で現金化したい!のまとめ

匿名でAmazonギフト券を現金化したいと考えるのはもっともなことですが、アマゾンギフト券を買い取りしてもらうためには本人確認を受けなければなりません。

買取業者が利用者の本人確認を実施して記録を残し、盗品の売却などのトラブルにすぐに対応できるようにすることが義務付けられているからです。

優良業者なら古物営業許可を取得して、アマゾンギフト券を買い取るときには必ず身分証明書のコピーを取ります。

匿名でAmazonギフト券を換金できる仕組みになっている場合には、法律に違反している危険な悪徳業者の可能性があるので避けましょう。

きちんと個人情報漏洩の対策を立てて、プライバシーポリシーを明記している業者に買い取ってもらえば安全です。

それでもやはり匿名で現金化したい場合には、知り合いに買い取ってもらうか、代理で買取サイトを利用して売ってもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です