アマゾンギフト券の買取率が下落している?!真相を確かめるべく調査してみた結果!

アマゾンギフト券の買取率が下落している理由

アマゾンギフト券の買取率は非常に高い水準にあり、クレジットカード現金化などでもよく活用されていました。

しかし、近年ではAmazonギフト券の相場が急激に下落してしまっています。

需要の高いギフト券であれば買取率も高いはずではないかと疑問に思う人もいるでしょう。

なぜ人気のあるAmazonギフト券の買取相場が下がったのでしょうか。

この記事では現在のアマゾンギフト券買取業者における買取率の状況と、近年になって下落が起こってしまった要因について紹介します。

下落が続く状況下でどのようにして現金を手に入れたら良いかについても簡単に解説するので参考にしてください。

amazonギフト券の買取率が下落したのはいつ?

Amazonギフト券の買取率が暴落した時期はいつなのかが気になる人もいるでしょう。

直近のアマゾンギフト券の相場下落が発生したのは2020年に入ってからのことでした。

換金率の急激な低下が起こる以前はAmazonギフト券の最高買取率を95%と表示している業者がたくさんありました。

相場としても90%以上を維持していた期間が長かったため、高額買取をしてもらえるギフト券としてAmazonギフト券は人気でした。

しかし、現在では他の電子ギフト券とほとんど変わらない状況があります。

買取率が下落した要因は?

買取業界における相場の変化が起こるときには必ず何か要因があります。

Amazonギフト券の買取率が急激に下がったのも例外ではなく、もっともらしい理由があります。

以下の三つの要因の兼ね合いによって下落が起こったという解釈が一般的です。

どのような経緯で買取率が下がってしまったのかを確認しておきましょう。

消費動向が低迷したから

Amazonギフト券が高く売れていたのは買取店が在庫リスクを負わなかったからです。

2000年にアマゾンのサービスが日本に上陸してから、インターネット通販による消費財の購入が活発におこなわれてきました。

そのため、買取店でAmazonギフト券を買いたいという人が多く、額面より数パーセント安いだけでも飛びつく人が大勢いました。

しかし、2020年になって消費動向の低迷が起こり、アマゾンギフト券の需要が低下したのです。

結果として業者は在庫リスクを抱えるようになり、買取率を下げざるを得なくなっています。

Amazonギフト券の現金化が活発になったから

アマゾンギフト券は昔から現金の調達に用いられてきました。

Amazonギフト券は専門サイトなどを使用せずともAmazon公式サイトでクレジットカードによる購入ができる特徴があります。

クレジットカードのショッピング枠を使ってAmazonギフト券を購入し、買取サイトで売却する現金化方法はよく注目されています。

2020年頃からの社会情勢の変化によって、現金をすぐに手に入れたいというケースが多くなりました。

結果として現金化にアマゾンギフト券を使うケースが増加し、市場にアマゾンギフト券が大量に流通するようになったのです。

供給量が増えると在庫が余計に溜まるようになってしまうため、買取サイトでは買取率を下げて在庫の調整をする必要が生じています。

現金化の動きが一時期に急激に活発になったことで、業界全体として相場を下げることが余儀なくされたと言えます。

アマゾンギフト券には有効期限があるから

消費動向が低迷して需要が低下したり、Amazonギフト券の現金化による流通量の増加が起きたりしても、一時的な動きの可能性はあります。

消費傾向が強まり、現金化に使う人が減っていけばアマゾンギフト券の需要が回復し、業者も買い取ったAmazonギフト券を販売して利益を取り戻せるでしょう。

しかし、アマゾンギフト券には有効期限があるため、買取業者としては在庫リスクが非常に大きいのが問題です。

デパートの商品券などの場合には有効期限がないのでいつかは買ってくれる人がいるはずだというスタンスで在庫を抱えることが可能です。

しかし、Amazonギフト券は有効期限が来てしまうと価値が完全に失われてしまいます。

数か月後、一年後には消費が活発になってアマゾンギフト券の購入者が増えると保証されていれば高い買取率を維持できるでしょう。

ところが、2020年に起こった社会情勢の変化は先行きが不透明でした。

そのため、業者としては買取率を下げるだけでなく、買取数量にまで制限を書けざるを得ないケースも生じています。

有効期限切れのAmazonギフト券を買い取ってしまわないために、買取の際に購入時のレシートの提示を求めているケースもあります。

買取業者は厳しい状況下でも営業を続けられるように必死になっているのです。

大手のアマゾンギフト券買取業者の現在の買取率

相場の大幅な下落を受けて、大手のアマゾンギフト券買取業者では現在どのくらいの買取率を設定しているのでしょうか。

アマゾンギフト券などのギフト券の専門買取サイトとして有名な業者が提示している買取率を確認しておきましょう。

業者名 初回買取率 2回目以降買取率 備考
ギフトグレース 76% 71.5%~74% プランと額面で換金率が異なる
買取デラックス 73% 70% 条件を満たせばプレミアムレートで初回75%、2回目以降72%
買取品保 77% 74%~75% 額面によって買取率が異なる
ギフト買取トーマス 70% 70% 10万円以上の大口の場合には80%以上を完全保証
買取ボブ 73% 70% 条件を満たせばプレミアムレートで初回75%、2回目以降72%

この表に掲載した買取率は2021年3月現在のものです。

今後のアマゾンギフト券の需要や供給の変動、買取業界での相場の変化によって今後も変わり得るので注意しましょう。

しかし、現状でも過去最大の買取率が記録されていた時期より20%程度の相場の下落が起こっていることがわかります。

アマゾンギフト券は高換金率と一概には言えない時代になっているのです。

高く売れるギフト券のタイプについて

アマゾンギフト券が以前に比べると高く売れなくなってきているとはいえ、買取をしてもらって現金を手に入れたい人もいるでしょう。

現金化をする際にはできるだけ高く売れるギフト券のタイプを選ぶのが肝心です。

アマゾンギフト券には10種類ほどありますが、最も高い買取率を誇っているのはEメールタイプです。

Amazonギフト券で現金化をするときにはEメールタイプを買い取ってもらうのが現状では最良策です。

他のタイプのギフト券よりも買取率が高い理由とは

Eメールタイプが他のタイプのギフト券よりも高い買取率を維持できているのは理由があります。

Eメールタイプは手数料がほとんどかからないので換金率を高くすることが可能です。

カードタイプや印刷タイプなどの他の種類の場合には、Amazonギフト券が現物として存在します。

買取サイトで取引をするときにはギフト券自体を送付しなければなりません。

着払いで送れる場合もありますが、送料が実質的には買取率に組み込まれていることになります。

Eメールタイプはギフトコードをメールなどで送付するだけで取引できるので送料がかかりません。

業者としては在庫管理のためにカードなどを保管するスペースを確保する必要もありません。

そのため、Eメールタイプは他のタイプに比べて高い買取率になっているのです。

iTunes・googleカードの方が換金率が高い時もある

これからギフト券を手に入れて現金化したいと考えているなら、Amazonギフト券にこだわらないのも得策です。

アマゾンギフト券の買取率がギフト券の中でも突出して高かった時代にはAmazonギフト券を選ぶのが当然でした。

しかし、現在ではiTunesギフトカードやGoogle Playギフトカードもほとんど変わらない換金率になっています。

電子ギフト券の買取サイトではAmazonギフト券よりも他の種類のギフト券の方が買取率が高いことも稀ではありません。

楽天ポイントギフトカードのように需要の高騰によって買取率が上がっているギフト券もあります。

ポイントサイトでギフト券に交換した後、買い取ってもらって換金しようといったケースでは他のギフト券も検討してみましょう。

ただし、ポイントサイトでポイントを交換するときには、そのサイト独自のレートにも注意が必要です。

アマゾンギフト券は人気が高かったこともあって交換レートが高い場合もあります。

iTunesカードやGoogle Playカードなどを購入する場合には問題にはなりませんが、ポイントサイトを使うときには注意が必要な点です。

買取率が高すぎる業者は疑った方がいい

アマゾンギフト券は高額買取してもらえる電子ギフト券だという時代は既に過ぎ去ってしまいました。

今までの噂を聞いて90%以上の買取率で当然と思い込んでいると悪徳業者による被害に遭うリスクがあるので気を付けましょう。

買取サイトではできるだけ高い買取率を提示して利用者を増やそうとしているのは事実です。

しかし、競合他社との競争では相場よりも大幅に換金率が高くする必要はありません。

70%台が標準になっている状況で90%以上もの買取率を表示しているのは何か裏があると考えるのが妥当です。

Amazonギフト券買取では以前から悪質な行為が横行しています。

優良でユーザー思いの買取業者のように見せかけていて、実はギフトコードを送っても現金の振り込みをしてくれない詐欺のこともあります。

極端に高い買取率の場合には素人を騙そうとしている悪質業者のリスクが高いでしょう。

複数の業者で買取率がいくらになっているかを確認し、相場観を持っておくと失敗がありません。

人気や実績がある大手のアマゾンギフト券買取業者では一般的に最大買取率を明示しているので、実際にはもう少し低い買取率のこともあります。

その買取率よりも高い時点で悪質業者のリスクが高いと考えるのが安全策です。

まとめ

Amazonギフト券の買取相場は近年になって暴落を起こしてしまいました。

消費動向の変化によってアマゾンギフト券の需要が低下し、現金の調達が加速したことでAmazonギフト券の供給も増加してしまったからです。

有効期限があるアマゾンギフト券の大量在庫を抱えるのは買取業者にとって大きなリスクになります。

結果として買取率を下げて対応せざるを得なくなっているのが現状です。

昨今の状況を鑑みると、アマゾンギフト券の買取率が低下していても現金化に使いたいという人は多いでしょう。

その際には買取率の水準が高いEメールタイプのAmazonギフト券を選ぶのが賢明です。

iTunesギフトカードやGoogle Playギフトカードなども比較して高換金率になる方法を選ぶのが良いでしょう。

Amazonギフト券買取を利用するなら正しい相場観を持ち、優良業者を選んで買い取ってもらうのが大切です。

詐欺の被害に遭わないように買取業者の厳選に徹底して取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です