チャージタイプのアマゾンギフト券が登録済みの場合は現金化できる?換金方法も紹介します

チャージタイプのアマゾンギフト券が登録済みの場合は?

チャージタイプのAmazonギフト券は気軽にAmazonアカウントにチャージしてショッピングに使えることから人気があります。

ただ、不要になってしまったときに買取ショップや買取サイトで簡単に現金化できるのでしょうか。

アマゾンを利用しなくなってしまった際などのように、アカウントに登録済みのアマゾンギフト券がいらなくなるケースはよくあります。

この記事では登録済みのアマゾンギフト券を無駄にしないための方法について解説します。

ギフト券には買取可能な種類とできない種類がある

ギフト券には買取可能な種類とできない種類がある

Amazonギフト券の買取サービスはオンライン・オフラインを問わずに充実してきています。

サイト上で簡単に手続きを行えるオンラインサービスでは特に対応範囲が広がっていて、Eメールタイプや印刷タイプ、シートタイプなどの多岐にわたる種類に対応している業者が増えてきました。

一般的にAmazonギフト券のメールタイプやカードタイプを現金化するのは簡単です。

しかし、チャージタイプのアマゾンギフト券は換金が難しいことが知られています。

買取サイトや買取店の利用規約や注意事項などを参照してみると、アカウントに登録済みのアマゾンギフト券は買い取れないと明記していることが多いでしょう。

特に記載がない場合にも問い合わせをしてみると取り扱っていないと断られる場合が多々あります。

そのため、基本的には登録済みチャージタイプのAmazonギフト券の現金化は単純に売れば良いという考え方では困難です。

登録済みチャージタイプのアマゾンギフト券はどうやって現金化する?

登録済みチャージタイプのアマゾンギフト券はどうやって現金化する?

Amazonアカウントに登録したチャージタイプのAmazonギフト券は買取業者に買い取ってもらうのは難しいですが、現金化をすることは不可能ではありません。

どのようなアプローチでチャージタイプのAmazonギフト券を換金できるのでしょうか。

現金化業者を活用する方法から、身近な人に相談する方法まで幅広く紹介するので参考にしてください。

別のギフト券を購入して換金する

Amazonギフト券を直接買い取ってもらうのは難しくても、買取率が高い別のギフト券を購入して換金する方法があります。

アカウントに登録済みのAmazonギフト券やAmazonポイントなどを使ってギフト券を購入し、そのギフト券の買取に対応している買取サービスを利用するだけで現金化が可能です。

iTunesカードやGoogle Playカードのように多数の買取店や買取サイトで取り扱っているギフト券がアマゾンで購入できます。

ただし、iTunesカードなどはアマゾンから直接販売をされているわけではありません。

マーケットプレイスに出品されているiTunesカードなどを探して購入することが必要です。

また、マーケットプレイスの商品の中にはAmazonギフト券では買えないものもあります。

プライムマークが付いている商品ならアマゾンギフト券で購入できるので、iTunesカードなどの簡単に換金できるギフト券の中でプライムマークがあるものを探しましょう。

プライムマークはAmazonプライムとは関係がないので、プライム会員になっていなくても購入可能です。

マーケットプレイスへ常にギフト券類が出品されているわけではなく、額面も高いものしか見当たらない場合もあります。

少額の換金には向かない方法という点に留意して利用しましょう。

家族や友人の買い物を代わりに行う

アマゾンのアカウントに登録済みのAmazonギフト券はアマゾンのサービスを利用する際に広く使用できます。

自分自身はアマゾンで買うものがなかったとしても、家族や友人が必要としている商品が見つかることがあるでしょう。

家族や友人のために買い物をするという視点を持つと、以下のような方法でチャージタイプのAmazonギフト券を換金できます。

  • 家族や友人からの依頼を聞いて欲しがっている商品を買い、現金を受け取る
  • GooglePlayカードを家族や友人に買って現金と交換

交渉次第では高い換金率にできるのは家族や友人の代わりに買い物をする方法です。候補者がいるなら前向きに相談してみましょう。

商品を購入して買取りしてもらう

チャージタイプのアマゾンギフト券はAmazonサービスでの商品購入に利用できるので、商品の売買による換金が可能です。

換金率が高い商品をAmazonで購入して、買取業者に売れば現金化できます。

このような転売による現金化では換金率が高い商品を選び、可能な限り買取率の高い買取店や買取サイトで買い取ってもらうことが重要です。

換金率が高い商品として知られているものは以下の通りです。

  • ゲーム
  • パソコン
  • カメラ
  • ブランドファッション
  • ジュエリー

同じジャンルでも商品ごとに換金率の高さは異なります。

先に買取率がどのくらいの業界水準になっているかを確認した上で、Amazonで買う商品を決めるのがポイントです。

別のギフト券を購入して換金する流れについて

別のギフト券を購入して換金する流れ

別のギフト券を購入するのは比較的簡単な方法なので、どのような流れで手続きを進めるのかを順を追って確認していきましょう。

STEP.1
Amazon公式サイトでプライムマークの付いているギフト券を買う

まずはAmazonでプライムマークが付いていて、アカウントサービスに登録済みのAmazonギフト券でも買えるギフト券を検索して探し出します。

換金したい額面に応じて適切な販売金額の商品を見つけ出すことが必要です。

見つけたギフト券はAmazonギフト券を使って購入し、ギフトコードを受領します。

支払金額が不足してしまう場合には銀行振込やクレジットカードなどで支払いをします。

STEP.2
買取サイトを探す

購入したギフト券の取り扱いがある買取サイトを探します。

iTunesカードやGoogle Playカードは取扱店が多いですが、買取率は業者によって違うので比較して決めましょう。

現金化スピードの速さや安全性の高さ、営業時間の長さなども加味して選ぶのが肝心です。

STEP.3
買取を申し込む

買取サイトではウェブフォームやメール、電話などで申し込みができます。

買い取って欲しいギフト券の種類と額面、氏名や住所など個人情報を入力して申し込むのが一般的です。

申し込み後、買取のために本人確認が行われます。

そして、買い取って欲しいギフトコードを送付すると手続きが進められます。

STEP.4
現金を振り込んでもらう

買取業者でギフトコードの有効期限が切れていないことや、使用済みでないことなどが確認されたら現金を振り込んでもらえます。

一般的にはどの銀行の口座でも振り込みに対応してもらえますが、振込手数料がかかる場合もあるので注意が必要です。

現金が振り込まれたことが確認できたら手続きは終わりです。

登録済みのAmazonギフト券が買取りしてもらえない理由とは?

登録済みのAmazonギフト券が買取りしてもらえない理由とは?

アカウントサービスに登録したAmazonギフト券は買取業者であまり取り扱っていないのはなぜなのでしょうか。主な理由は以下の2つです。

アカウントに登録してしまうとギフト券として切り出せないから

買取サイトや買取店舗などではAmazonギフト券を買い取ってから販売してユーザーに購入してもらうことで利益を得ています。

Amazonギフト券は登録済みになってしまうと新たにAmazonギフト券として取り出して別のアカウントに登録することはできません。

つまり、買取業者がアマゾンギフト券を手に入れて、他のユーザーに登録できる形で販売できません。

アカウント間のギフト券の移動ができないから

アマゾンギフト券をアカウントから切り出すことができなかったとしても、他のアカウントに移動できれば大丈夫ではないかと思う人もいるでしょう。

買取業者が持っているアカウントにAmazonギフト券を移動させることで買取をおこなって販売し、購入者のアカウントにまた移動するという形で取引が可能だからです。

しかし、Amazonギフト券はアカウント間の移動もできません。

アマゾンとしてはAmazonギフト券を受け取った人やチャージをした本人が自分のアカウントで利用するのを原則としています。

売買しにくいようにシステムが設計されているため、買い取れないというスタンスの業者がほとんどなのです。

チャージ後の場合はAmazonアカウントを買い取りする方法もある

チャージ後の場合はAmazonアカウントを買い取りする方法もある

チャージタイプのAmazonギフト券はAmazonアカウントの買取サービスを利用すれば現金化が可能です。

しかし、以下のようなリスクが高いのでアカウントの買い取りはおすすめできません。

  • Amazonアカウントの再登録が困難になる
  • クレジットカード情報などの漏洩や悪用が起こり得る
  • 氏名や住所などの個人情報の漏洩が起こり得る
  • 詐欺の被害に遭う場合がある

やむを得ない場合にも後になって問題が生じる可能性があることには留意してアカウントの買取サービスに申し込みましょう。

登録済みのアマゾンギフト券を現金化するときの注意点

登録済みのアマゾンギフト券を現金化するときの注意点

登録済みのAmazonギフト券の現金化をする際には気を付けるべきポイントが2つあります。

以下の注意点を押さえて、大きな失敗をしないように心がけましょう。

アカウント凍結のリスクがある

アカウントを買い取ってもらう方法のように、登録済みのAmazonギフト券を直接換金する行為はアマゾンが公式に認めているものではありません。

アカウントが停止になる場合や、登録済みの他のAmazonギフト券やAmazonポイント、クーポンなどが無効になる場合があります。

大きなリスクを被ることを考慮した上で現金化をするかどうかを考えることが必要です。

転売禁止商品を選ばないようにする

アマゾンで商品を購入して買取サイトなどで買い取ってもらう現金化方法を選ぶ場合には商品選びで注意が必要になります。

転売禁止と明記されている商品を選ぶと、事実が発覚したときに指摘を受けることになります。

映画やコンサートなどのチケットのようにチケット不正転売禁止法によって法的に転売が禁止されている商品もあります。

違反売買をしないように商品詳細を確認して転売可能かどうかを確認しましょう。

まとめ

登録済みのチャージタイプアマゾンギフト券はアカウントに紐づけられているので直接換金できないのが原則です。

家族や友人のためにショッピングをするなどの比較的安全性が高い現金化方法もありますが、アカウントの買取などのリスクが高い方法もあります。

違反行為をしてしまわないように注意しつつ、換金率が高い方法を選んで活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です