カードタイプのアマゾンギフト券は買取条件がある?注意点や優良業者を選ぶコツを解説します

カードタイプのアマゾンギフト券の買取条件

カードタイプのAmazonギフト券を換金するのは簡単なのかどうかが気になっている人もいるでしょう。

アマゾンギフト券にはEメールタイプが買い取ってもらいやすいことが知られていますが、カードタイプが手に入ったときには同じように現金化できるのかが疑問になりがちです。

この記事ではカードタイプのAmazonギフト券を買取店舗や買取サイトで気軽におこなえるのかを様々な角度から解説します。

カードタイプのアマゾンギフト券の買取条件とは?

カードタイプのアマゾンギフト券を買い取ってもらうのが簡単かどうかを判断するには買い取り条件を見てみるとわかりやすいでしょう。

一般的な買取業者ではどのような買取条件を挙げているのでしょうか。

有効期限が切れていない

カードタイプに限ったことではありませんが、Amazonギフト券の買取条件として有効期限が切れていないのが大前提です。

カードタイプのアマゾンギフト券には直接有効期限が記載されているわけではないので、見た目では判断しづらいという問題があります。

しかし、カードタイプのAmazonギフト券を購入した際のレシートがあれば有効期限がわかります。

コンビニやスーパーなどで購入したときにはレシートを一緒に保管しておかないと有効期限がわからず、買い取ってもらえないことがあるので注意が必要です。

コードが「AQ・WA」以外から始まる

AQ・WAから始まるギフトコードのAmazonギフト券は取り扱いがないか、換金率が低いのが一般的です。

買取条件としてコードが「AQ・WA」以外から始まることを明記している買取業者も少なくありません。

アマゾンギフト券のコードがAQ・WAで始まるのはコンビニで販売されているものです。AQはカードタイプ、WAはシートタイプとして売られています。

つまり、コンビニで販売されているアマゾンギフト券が買取対象外となっているわけですが、なぜなのでしょうか。

AQ・WAで始まるコードは詐欺に使われやすいから

コンビニで販売されているAQ・WAから始まるアマゾンギフト券は詐欺に使われてきたケースが多いのが理由です。

コンビニで購入可能なAmazonギフト券は架空請求詐欺に使用されてきました。

買取業者としては詐欺に関わる買取業務をおこなってはならず、犯罪行為の防止のために努めなければなりません。

犯罪に関連しているのかどうかを詳しく調査して買取をするのは大変なので、一律で買取不可としているのが一般的なのです。

AQ・WAで始まるコードは保留中になりやすいから

AQ・WAで始まるコードはアマゾンのアカウントサービスで登録しようとすると保留中になりやすいのも理由です。

被害届が出されたり、詐欺をした人が見つかったりして、Amazonギフト券が犯罪に使用されたことがわかるとそのコードはロックされます。

買取業者としては買い取ったコードがロックされていて、販売した後で消費者から非難を受けては信用を失います。

業者としての信用を維持するためにも犯罪に使われるリスクが高いギフトコードは取り扱わないようにしているのです。

カードタイプのアマゾンギフト券買取の注意点

カードタイプのAmazonギフト券は条件さえ満たせば買い取ってもらえますが、業者に売却するときには注意点があります。

以下の5つのポイントを確認した上で現金化を検討しましょう。

店舗型の金券ショップでは買取不可の場合がある

カードタイプのAmazonギフト券は商品券などの金券のように見えるので、店舗型の金券ショップで買い取ってもらうのが妥当だと思う人もいるかもしれません。

しかし、店頭買取をしているショップではアマゾンギフト券は買取不可のことがよくあります。

アマゾンギフト券はアカウントに一度だけしか登録できない仕組みになっているのが主な理由です。

カードを見ても登録済みかどうかを判断できないので、買取業者としては買い取ってみたら登録済みのアマゾンギフト券だったというリスクがあります。

さらに、アマゾンギフト券には有効期限があり、カードを見てもいつなのかがわかりません。

有効期限までに売れないと業者としては損失になります。

そのため、金券ショップではアマゾンギフト券をあまり取り扱っていないのです。

額面や利用回数・日付によって買取率が変動する

カードタイプに限らないことではあるものの、アマゾンギフト券は買取率が一定ではありません。

相場が日々変動しているので買取を依頼する日付による影響もありますが、買取を依頼するアマゾンギフト券の額面によって換金率が変動することもよくあります。

また、初回と二回目以降では買取率が違うこともあるため、以前は高く買い取ってくれたのに今回は換金率が低いということもあり得ます。

キャンペーンによって変動する場合もあるため、高く売りたいなら比較検討して高く売れるところを探し出す必要があります。

買取サイトによっては買取率が落ちる

カードタイプのアマゾンギフト券はEメールタイプに比べると買取率が低い買取サイトも決して少なくありません。

Eメールタイプはもともとメールで送信されるアマゾンギフト券のコードを利用するものなのでオンライン取引に向いています。

カードタイプの場合には原本を業者が回収しないと、利用者が別の業者にも買取を依頼してしまうリスクが高いでしょう。

別の業者が買い取ったカードタイプのアマゾンギフト券を販売し、先に購入者が出てきてアカウントに登録してしまったら、無効なアマゾンギフト券を販売する形になってしまいます。

このようなリスクがあることから業者はカードを回収せざるを得ません。

その送料負担をする代わりに買取率を下げたり、買取率をEメールタイプと同じ水準にする代わりに手数料を申し受けたりするのが一般的です。

アカウントに登録済みのギフト券は買い取ってもらえない

アマゾンギフト券はアカウントに登録済みの場合には買い取ってもらえないので注意しましょう。

カードタイプのアマゾンギフト券ではギフトコードを見るためにはスクラッチを削るか、シールをはがす必要があります。

スクラッチを削ったり、シールをはがしたりしてしまったカードタイプのアマゾンギフト券はもう買い取ってもらえないのではないかと不安になる人もいるでしょう。

しかし、コードが見える状態になっているカードタイプのAmazonギフト券でも大抵の買取サイトでは買い取ってくれます。

アカウントに登録されていなければギフトコードを使ってチャージはできるからです。

価値が下がってしまうこともなく、アカウントに登録さえされていなければ通常の買取率で対応してくれると理解しておきましょう。

買取の際には身分証が必須

カードタイプのアマゾンギフト券を業者に買い取ってもらうときには身分証の提示を求められます。

買取業者は本人確認をおこなって、Amazonギフト券を誰から買い取ったのかを記録として残さなければならない義務を負っているからです。

アマゾンギフト券などの商品の買取をして古物の販売をするには、古物商許可を取得して古物営業法に則った形で営業することが求められます。

古物営業法では本人確認書類の提示を受けて、古物台帳に情報を保管することを要求しています。

そのため、買取サイトを利用する際にも本人確認書類として有効なものを写真で撮影して送る必要があるのが一般的です。

詐欺などの犯罪行為があった際に迅速に対応できるようにするためのルールなので協力しましょう。

悪質な業者に引っかかったときのリスクとは

カードタイプのアマゾンギフト券を買い取ってもらおうとしたときには悪質な業者に引っかからないように気を付ける必要があります。

アマゾンギフト券買取では悪質な業者に買取を依頼したために大きな失敗をしているケースもないわけではありません。

悪質な業者に引っかかると、ギフトコードやカードを送ったのに現金が振込されないという問題が起こります。

さらに、個人情報の漏洩が起こってしまい、自宅に不審な郵便物が届くようになったり、勧誘の電話がかかってきたりするリスクもあります。

場合によっては送ったAmazonギフト券が無効だったと言われ、損害賠償を請求されるケースもあります。

このようなトラブルに見舞われないためにも、優良な買取サイトを選び出すことが重要です。

優良買取サイトを選ぶコツ

カードタイプのアマゾンギフト券の優良買取サイトを選び出すにはコツがあります。

以下のチェックポイントを確認して、悪質な行為の被害に遭わないように気を付けましょう。

古物商許可を得て本人確認を実施している

優良買取サイトなら古物商許可を取得しています。

古物商許可を得て営業している場合には許可番号をわかりやすいところに明示しなければなりません。

買取サイトでは会社情報や運営者情報のところに明記されているのが一般的です。

「古物営業法を遵守しています」「古物商許可を取得しています」という記述だけでは不十分なので注意しましょう。

買取率と手数料が明記されている

優良買取サイトではカードタイプのAmazonギフト券を買い取ってもらったときにいくら振り込まれるかがよくわかるように買取率と手数料を明記しています。

Eメールタイプの買取率だけ表示していてカードタイプや印刷タイプは小さい文字で別の買取率になるとだけコメントしてあるケースもあります。

数字できちんと買取率が表示されているなら真っ当な業者だと考えられますが、買取率が明記されていないときには悪徳業者のリスクもあるでしょう。

カードタイプのAmazonギフト券を回収している

買取サイトではAmazonギフト券の買取の流れをオフィシャルサイトで紹介しています。

その流れを確認して、カードタイプのアマゾンギフト券の郵送を求めているかを確認してみましょう。

優良業者なら犯罪行為の防止のためにカードタイプのアマゾンギフト券を回収しています。

Eメールタイプのケースしか流れが書いていなかったり、カードタイプも送付不要としていたりするときには危険かもしれないので注意が必要です。

まとめ

カードタイプのAmazonギフト券も買取条件さえ満たせば買い取ってもらうことができます。

ただ、コンビニで販売されているカードタイプのアマゾンギフト券は買取不可としている業者も多く、買取リスクも高いことから買取率が低くなりがちです。

買い取ってもらうときにカードタイプのAmazonギフト券は業者に送付しなければならないため、手数料を負担することになる場合もあります。

EメールタイプのAmazonギフト券に比べるとカードタイプは売るのが大変で、換金率も低くなるのが一般的です。

Amazonギフト券を手に入れて現金化したいときにはカードタイプよりはEメールタイプを選んだ方が良いでしょう。

手元にあるカードタイプのアマゾンギフト券を売りたいときには慎重に優良買取サイトを選んで申し込むのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です