当館について



館の概要

京都造形芸術大学芸術館は、本学の収蔵作品を常設展示している博物館です。
その主なものは、詩人の宗左近氏寄贈の縄文時代の土器、装身具、土偶などのコレクション約200点、考古学者・江上波夫氏寄贈のシルクロード沿道の工芸品約170点、 京都芸術短期大学の元学長である大江直吉氏の浮世絵師・豊原国周の作品約360点、伏見人形をはじめとする全国の土人形550点余りです。
また、当館は博物館相当施設として認可されており、本学の通学・通信教育において博物館実習等にも活用されています。




沿革

                                                                                                  
1997.9京都造形芸術大学芸術館 開館
2011.2移転工事のため休館
2011.11人間館ギャルリ・オーブ2階へ場所を移し、再オープン
「芸術館 静かに再スタート コレクション展Ⅰ」を開催
2012.4リニューアルオープン特別展「豊原国周~飛び出す国周と空飛ぶ菊五郎~」を開催
2012.62012年度「コレクション展Ⅰ」を開催
2012.9縄文土器コレクション再調査
2012.102012年度「コレクション展Ⅱ」を開催
2013.1特別展「縄文の夢-森のざわめき、精霊の風」を開催
2013.42013年度「コレクション展Ⅰ」を開催
2013.62013年度「コレクション展Ⅱ」を開催
2013.8シルクロードコレクション再調査
2013.9特別展「起源を歩く-Jomonと原田要の庭」を開催
2013.112013年度「コレクション展Ⅲ」を開催
2014.1特別展「劇聖VS明治の写楽~豊原国周描く九代目市川團十郎」を開催
2014.4特別展「海景《FISHING》」を開催
2014.8伏見人形再調査
2014.11「江上波夫のシルクロード展」を開催
2015.12014年度「コレクション展」を開催
2015.4特別展「縄文と現代vol.3―浸透する器」を開催
2015.52015年度「コレクション展Ⅰ」を開催
2015.92015年度「コレクション展Ⅱ」を開催
2015.10特別展「団十郎くんと団十郎さん」を開催
2016.12015年度「コレクション展Ⅲ」を開催